ファミリーキャンプ.net 読み切り特集

炭について

ホームセンターやスーパーなどに売ってるもので十分です。特別高いものを買う必要はないと思います。

こだわれば炭にもいろいろと種類があって、高級な備長炭などを使うと、味が違うっていうこともあるのかもしれませんが、私の経験ではその差はないと思いますっていうか途中からは酔っ払っているので、わからないだけかもしれませんが…

気をつけてほしいこと

ごく稀にですが、「火が長持ちする」とうたった炭を使わないことですね。

長持ちするってことは、イコール火がつきにくいってことです。箱には「火がつきにくい」とは書いてあるのですが、まぁ~ちょっと火がつきずらい位だろうとなめてはいけません。

私も一度経験があるのですが、通常のやりかたでは、なんとしても火がつきませんでした。

最終的に薪をゴウゴウ燃やし、その上に炭を並べて、ようやく火をおこすことができました…所要時間は一時間くらいで、子供たちから非難ゴウゴウでありました(笑)

また、あまった炭の保管には気をつけてくださいね。

炭はそうそう火がついたりはしませんが、車のトランクなどに入れっぱなしは危険です。特に夏場は。キャンプか帰ったら、冷暗な場所に保管するようにしましょう。


動画と画像でお届けするアウトドア情報

ファミリーキャンプ.netでは、「スポーツ&アウトドア情報のバイラルメディア Briefing Paper」とタイアップし、キャンプに役立つ情報を動画や画像でお届けすることになりました。
毎日の更新情報は公式facebookページtwitterで配信されます。
是非、「いいね!」または「フォロー」をし、楽しいファイリーキャンプライフにお役立てください

キャンプ用品はこうやって選べ!
いよいよ!キャンプ本番!
キャンプの小技とノウハウ
キャンプのレシピ
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。