ファミリーキャンプ.net 読み切り特集

火おこしの基本(着火剤で)

時間に余裕があれば、この方法がもっとも簡単です。

  1. まず、軍手をはめる。そして、ビールを用意する(これ大事!)。
  2. 着火剤と新聞紙・古紙(くしゃくしゃに丸めるか絞るかして少し固めにします)をバーベキューコンロの真ん中にかためておきます。※ジェルタイプの場合は、着火剤を新聞紙・古紙に塗り、固めに絞ります
  3. 着火剤と新聞紙の固まりの上に炭が来るように炭を配置します。※着火剤と新聞紙を覆うように炭を配置するよいでしょう。間違っても、炭の上に着火剤や新聞紙をおかないように。効果がうすれます。
  4. 着火剤と新聞紙に点火します。満遍なく火がまわるように何箇所かに点火してください。
  5. ひとしきり火が燃え上がりますので、しばらく様子を見、炎をおさまったら団扇で強く扇ぎます。※団扇で扇ぐと新聞紙の燃えカスが舞い上がりますので、周辺には注意が必要です。
  6. 炭に火がつき、十分に燃焼状態になるまでしっかり扇いでください。十分かどうかの判断は、赤くなっている部分の面積で判断しますが、私は炭から 炎があがるまで扇ぎます(かなり強く扇ぐ必要があります…)。※夏場の屋外では、表面の赤や炎が判別しにくいので、影をつくるなど工夫してください。
  7. 十分な燃焼状態になったら、着火している炭をバーベキューコントの床にひろげ、新たな墨をその上に置きます。※バーベキューがはじめられる十分な炭の量を補給してください。
  8. 一旦、網を置き、炭の状態を監視しつつ、火が通るまでに時間がかかる野菜などを焼き始めます。※火の状態が悪い場合、再度、新聞紙などを補給す る場合がありますので、あまりいっぱいの焼き物を並べないようにしてください。ちなみに我が家では、トウモロコシを皮付きのまま焼き始めます。
  9. 問題がなければ、すでにほろ酔いかとおもいますが、バーベキューをスタートします。

一連の作業で、ざっと30分~40分くらいの時間(はじめての場合は1時間くらいは見ておきましょう)はみておいたほうがいいと思います。

また、始めに設置する着火剤や新聞紙は、感覚がつかめるまでは多めにいれておきましょう。着火剤は比較的長時間燃焼しますが、新聞紙はあっという間に燃え尽きてしまいますので、燃焼時間が短ければ短いほど、炭にうまく点火してくません。


キャンプ用品はこうやって選べ!
いよいよ!キャンプ本番!
キャンプの小技とノウハウ
キャンプのレシピ
リンク
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。