ファミリーキャンプ.net 読み切り特集

短時間で火をおこし(バーナーで)

この方法は、比較的短時間で着火できますが、いろいろと注意点があります。

  1. 大きめの炭を数本(3本~5本)選び、バーベキューコンロに設置します。※ざっくり固めて置けば大丈夫ですが、二段重ねくらいになるように置き、炭と炭の間に空間を作るようにしましよう。
  2. バーナーにカセット(もしくは燃料)を取り付け、点火します。※あまり強くする必要はないですが、ゆるゆると火を出しても時間がかかるだけですので、怖がらずにゴ~っと炎を噴出すくらいに調整します。
  3. 炭の表面(先ほどつくった空間に向けるほうがよい)にバーナーを火を浴びせます。
  4. バーナーの火を止め、バナーを浴びせた箇所が赤くなり燃焼状態になったら、先ほどの手順(6)に移行します。

この方法ならうまくやれば、10~15分くらで着火することができますし、火がつかなくて苦労することはありませんが、危険もありますので、下の注意事項をしっかり読んでから判断してください。

注意すること~手早く点火する~

バーナーの火をを浴びせても、炭はすぐには着火しません。

同じところに1分程度はバナーを浴びせる必要がありますので、なるべく最初の炭は重ねて空間を作るなどして、一度に2~3本の炭に点火できるように炭を配置してください。

ガスや燃料が1分やそこらでなくなることはありませんが、バーナーの噴出し口は、超高温になりますので、あまり長時間炎を噴射しつづけるのはさけましょう(もちろん取扱いには注意してください)。

注意すること~火の粉対策~

バーナーの炎を炭に浴びせると、炭から火の粉が散ります。当然ですが、この火の粉が直接肌に触れようものなら、すごく熱いですし、やけどの可能性もあります。

バーナーを使うときは、軍手と長袖のシャツなど肌の露出があまりないようにしましょう。もちろん周りに人がいないかどうか、しっかり確認してから点火してください。

ちなみ私は、夏場、半袖の場合は、腕にタオルをまいてバーナーを使っていますが、あまりお勧めできる方法ではありません。

加えて、絶対に子供にやらせてはダメです!


動画と画像でお届けするアウトドア情報

ファミリーキャンプ.netでは、「スポーツ&アウトドア情報のバイラルメディア Briefing Paper」とタイアップし、キャンプに役立つ情報を動画や画像でお届けすることになりました。
毎日の更新情報は公式facebookページtwitterで配信されます。
是非、「いいね!」または「フォロー」をし、楽しいファイリーキャンプライフにお役立てください

キャンプ用品はこうやって選べ!
いよいよ!キャンプ本番!
キャンプの小技とノウハウ
キャンプのレシピ
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。