ファミリーキャンプ.net 読み切り特集

キャンプといえば、やはりバーベキュー(BQ)!

自然のなかで、ビールを片手に炭火で豪快に!お肉、野菜…想像するだけで、涎が出てきそうでよね。キャンプの醍醐味なのであります!

ただ、経験のない方は「火おこし」に不安を感じるのでは?

食材(もちろんビールも!)や道具を用意し、盛り上がっていても、肝心の火がおこせなければ、な~んにもなりませんし、パパの株が大暴落です!

せっかくの楽しいファミリーキャンプ!しっかり、段取り良く火をおこして、キャンプの醍醐味!バーベキュー(BQ)を楽しみたいものです。

炭について

ホームセンターやスーパーなどに売ってるもので十分です。特別高いものを買う必要はないと思います。

こだわれば炭にもいろいろと種類があって、高級な備長炭などを使うと、味が違うっていうこともあるのかもしれませんが、私の経験ではその差はないと思いますっていうか途中からは酔っ払っているので、わからないだけかもしれませんが…

気をつけてほしいこと

ごく稀にですが、「火が長持ちする」とうたった炭を使わないことですね。

長持ちするってことは、イコール火がつきにくいってことです。箱には「火がつきにくい」とは書いてあるのですが、まぁ~ちょっと火がつきずらい位だろうとなめてはいけません。

私も一度経験があるのですが、通常のやりかたでは、なんとしても火がつきませんでした。

最終的に薪をゴウゴウ燃やし、その上に炭を並べて、ようやく火をおこすことができました…所要時間は一時間くらいで、子供たちから非難ゴウゴウでありました(笑)

また、あまった炭の保管には気をつけてくださいね。

炭はそうそう火がついたりはしませんが、車のトランクなどに入れっぱなしは危険です。特に夏場は。キャンプか帰ったら、冷暗な場所に保管するようにしましょう。


火おこしのための準備

着火剤

大きく分けると二種類です。固形燃料のタイプとチューブなどに入っている液体(ジェル)タイプです。

固形燃料のタイプは、そのまま(あるいは小分けにして)使います。液体(ジェル)タイプは、古新聞などに塗って使います。

ちなみに私は固形燃料のタイプしか使ったことがありません。

これに関しては好みの問題のような気がしますが、私は炭と一緒に管理がしやすいので固形タイプにしています。

ライター・マッチ

ライターやマッチについては説明の必要はないですね。料理などで使う柄の長いタイプのライターが便利です。

バーナー

家庭用のカセットコンロや専用の燃料を使うアウトドア用の小型のバーナーです。

私は家庭用カセットコンロをつけて使うタイプのバーナーを使っています。コンビニなどでも簡単に手に入りますからね。

ちなみに、カセットコンロの口の規格は、現在はメーカー横断で統一されていますので、どのメーカーを使っても大丈夫(なはず)です。

以前は、口の規格がメーカーによってバラバラだったのですが、阪神淡路大震災で、カセットコンロとカセットが合わずに使えないケースが頻発したため、国の指導のもと、規格が統一されました。

専用燃料タイプは、燃料をストックしておかなければならないので保管が面倒なのと、いざと言うときにすぐに手に入らない可能性が高いので、避けています。

新聞紙など古紙

いうまでもないですが、湿ったものはダメです。

団扇など風をおくるもの

私は、夏祭りなんかでもらえる団扇をつかっています。面積のあって扇げるものであればなんでも使えますが、少しでも早く「いい火」にしたければ、団扇がよいです。強く扇げますからね。

ペットボトルに底に小さな穴をあけて、飲み口から吹くという人もいますが、貧血にならないように気をつけてください(笑)

軍手・タオル(汚れても良いもの)・炭用のトング

炭を触ると手が汚れますし、万が一の時、炭は素手では絶対にさわれませんが、軍手があれば、一瞬なら触れます(自己責任でお願いします)。まぁ~普通はトングでやるほうがよいに決まってますが…

また、網やバーベキューコンロの熱くなった部分をさわらなければならない場合もありますので、軍手と汚れもよいタオルは、絶対に用意しましょう。

また、後でふれますが、バーナーを使う場合には軍手やタオルは必須です。


火おこしの基本(着火剤で)

時間に余裕があれば、この方法がもっとも簡単です。

  1. まず、軍手をはめる。そして、ビールを用意する(これ大事!)。
  2. 着火剤と新聞紙・古紙(くしゃくしゃに丸めるか絞るかして少し固めにします)をバーベキューコンロの真ん中にかためておきます。※ジェルタイプの場合は、着火剤を新聞紙・古紙に塗り、固めに絞ります
  3. 着火剤と新聞紙の固まりの上に炭が来るように炭を配置します。※着火剤と新聞紙を覆うように炭を配置するよいでしょう。間違っても、炭の上に着火剤や新聞紙をおかないように。効果がうすれます。
  4. 着火剤と新聞紙に点火します。満遍なく火がまわるように何箇所かに点火してください。
  5. ひとしきり火が燃え上がりますので、しばらく様子を見、炎をおさまったら団扇で強く扇ぎます。※団扇で扇ぐと新聞紙の燃えカスが舞い上がりますので、周辺には注意が必要です。
  6. 炭に火がつき、十分に燃焼状態になるまでしっかり扇いでください。十分かどうかの判断は、赤くなっている部分の面積で判断しますが、私は炭から 炎があがるまで扇ぎます(かなり強く扇ぐ必要があります…)。※夏場の屋外では、表面の赤や炎が判別しにくいので、影をつくるなど工夫してください。
  7. 十分な燃焼状態になったら、着火している炭をバーベキューコントの床にひろげ、新たな墨をその上に置きます。※バーベキューがはじめられる十分な炭の量を補給してください。
  8. 一旦、網を置き、炭の状態を監視しつつ、火が通るまでに時間がかかる野菜などを焼き始めます。※火の状態が悪い場合、再度、新聞紙などを補給す る場合がありますので、あまりいっぱいの焼き物を並べないようにしてください。ちなみに我が家では、トウモロコシを皮付きのまま焼き始めます。
  9. 問題がなければ、すでにほろ酔いかとおもいますが、バーベキューをスタートします。

一連の作業で、ざっと30分~40分くらいの時間(はじめての場合は1時間くらいは見ておきましょう)はみておいたほうがいいと思います。

また、始めに設置する着火剤や新聞紙は、感覚がつかめるまでは多めにいれておきましょう。着火剤は比較的長時間燃焼しますが、新聞紙はあっという間に燃え尽きてしまいますので、燃焼時間が短ければ短いほど、炭にうまく点火してくません。


短時間で火をおこし(バーナーで)

この方法は、比較的短時間で着火できますが、いろいろと注意点があります。

  1. 大きめの炭を数本(3本~5本)選び、バーベキューコンロに設置します。※ざっくり固めて置けば大丈夫ですが、二段重ねくらいになるように置き、炭と炭の間に空間を作るようにしましよう。
  2. バーナーにカセット(もしくは燃料)を取り付け、点火します。※あまり強くする必要はないですが、ゆるゆると火を出しても時間がかかるだけですので、怖がらずにゴ~っと炎を噴出すくらいに調整します。
  3. 炭の表面(先ほどつくった空間に向けるほうがよい)にバーナーを火を浴びせます。
  4. バーナーの火を止め、バナーを浴びせた箇所が赤くなり燃焼状態になったら、先ほどの手順(6)に移行します。

この方法ならうまくやれば、10~15分くらで着火することができますし、火がつかなくて苦労することはありませんが、危険もありますので、下の注意事項をしっかり読んでから判断してください。

注意すること~手早く点火する~

バーナーの火をを浴びせても、炭はすぐには着火しません。

同じところに1分程度はバナーを浴びせる必要がありますので、なるべく最初の炭は重ねて空間を作るなどして、一度に2~3本の炭に点火できるように炭を配置してください。

ガスや燃料が1分やそこらでなくなることはありませんが、バーナーの噴出し口は、超高温になりますので、あまり長時間炎を噴射しつづけるのはさけましょう(もちろん取扱いには注意してください)。

注意すること~火の粉対策~

バーナーの炎を炭に浴びせると、炭から火の粉が散ります。当然ですが、この火の粉が直接肌に触れようものなら、すごく熱いですし、やけどの可能性もあります。

バーナーを使うときは、軍手と長袖のシャツなど肌の露出があまりないようにしましょう。もちろん周りに人がいないかどうか、しっかり確認してから点火してください。

ちなみ私は、夏場、半袖の場合は、腕にタオルをまいてバーナーを使っていますが、あまりお勧めできる方法ではありません。

加えて、絶対に子供にやらせてはダメです!


こんなときの火おこしは

着火剤がない!バーナーがない!

万が一、着火剤がない、バーナーがないという状態になったら…紙と炭で火をおこすしかありません。

上の二つの方法よりも時間はかかりますが、火はおこせますので、ご心配なく。

火(ライターやマッチ)と紙(新聞紙など)はなんとか調達してください(笑)。さすがに火打ち石などで火をおこせる人はあまりいないでしょうし、周囲から燃えやすい枯葉や小枝を調達してくるってのは大変でしょうから…

火おこしの要領は、「火おこしの基本」とほ同様で構いません。

ただし、着火剤のように長時間燃焼するものがないので、紙や枯葉、小枝(笑)を補給しながら火をおこしますので、炭に下に、それらのものを補給できるような空間をあらかじめ作っておく必要があります。

焚き火や竈などすでに火がある場合

丈夫な網(BQで使うような網ではなくもっと太いもの)があり、炎の上に設置できる場合は、そこの直接、炭をおいて焼くという方法があります。あるいは、トングで炭をつかんであぶることも可能です(あまりお勧めはしません。トングが非常に高温になるので、危険です。)。

これと似たような方法で、カセットコンロの火で炭をあぶる人をたまにみかけますが、これは絶対にやめてください。炭はあぶると高温になり、自ら発熱します。その熱で、カセットのガスが爆発しないとも限りませんので、非常に危険です。絶対にやめましょう。


火おこしのまとめ

まず、申し上げたいのは、火おこしは、そんなに難しくもないですが、簡単でもないということです。しっかり準備し、手順を頭にいれておけば大丈夫です。

そもそも、バーナーにしろ、着火剤にしろ、そんなに高いものではありませんから、一式、揃えておけば安心だと思います。

とは言っても、火がなかなかつかないってこともあるでしょうから、バーべキューは、時間にも心にも余裕があるときにやるように心がけましょう。

私は、キャンプは二泊する主義なので、キャンプ場への到着は、金曜日の夜だったりします。そういうときは、テントの設営やらなんやらで、いろいろ忙しいので、バーベキューをやることはあまりありません。

電源付のキャンプサイトの場合なら、迷わずホットプレートなどを持ち込みますし、場合によっては行きがけに外食することもあります(※お弁当でもいいと思います)。

なんにせよ。キャンプな楽しくやらなければ意味がないので、火がなかなかつかないぃ~ってイライラするのは本末転倒というものです。

最後に一言、バーナーにせよ、炭にせよ、間違えば、命にかかわることもありえますので、子供にやらせるなんていうのはもってのほかです。加えて、お子様の居場所については、くれぐれもご注意くださいね。

では、楽しいキャンプライフを!

 

※全て自己責任でお願いします。自分の経験に基づいて書いているだけ(それなりに自信はありますが…)です。マクロ的な検証や長期間の研究の成果という訳ではないことをお断りしておきます。



動画と画像でお届けするアウトドア情報

ファミリーキャンプ.netでは、「スポーツ&アウトドア情報のバイラルメディア Briefing Paper」とタイアップし、キャンプに役立つ情報を動画や画像でお届けすることになりました。
毎日の更新情報は公式facebookページtwitterで配信されます。
是非、「いいね!」または「フォロー」をし、楽しいファイリーキャンプライフにお役立てください

キャンプ用品はこうやって選べ!
いよいよ!キャンプ本番!
キャンプの小技とノウハウ
キャンプのレシピ
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。